プロミスにおける貸出の年齢制限

プロミスにおけるすべての貸出の条件は、審査に通ることですが、実は審査においては「年齢制限」があり、定められた年齢を過ぎた場合は、貸出をしてもらうことができなくなります。年齢制限は給与取得者であっても、個人事業経営者であっても、年金生活者であっても条件に変わりはありません。年齢制限の内容は以下のようになります。

 

プロミスでは20歳未満、及び70歳以上の人は借入ができません。

プロミスにおける借入の申込条件は、年齢が20歳以上、69歳以下で、安定した収入のある人と言うことになっています。従って、職の有無、収入の多寡に関わらず、年齢条件に適合しない人は借り入れの申し込みができません。

 

年齢制限が設けられている背景

このような年齢制限が設けられている背景には、責任能力と返済能力の有無があります。まず、20歳未満の未成年者には社会的な責任を問えない面があることから、いくらアルバイトで収入があると言っても、貸出を制限しています。

 

一方、70歳以上の人に関しては、現実的に現役を離れて安定して収入を得る立場にないことが多くなります。また、年金をもらっている人もいますが、年金だけでは生活資金のことを考慮すると返済能力と言う点で、疑問を持たざるを得ません。且つ、体力的にも弱まる年代であることから、万が一の時に借入金の返済の負担を与えないためにも、貸出を制限するのが妥当と判断しています。



たった3項目の入力で借りられるかを即判断!

そして、審査の回答はたったの最短30分!!

アルバイト・主婦でもOK!!※安定収入がある方

ネット・コンビニATMからでもお金を引き出せる

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


公式サイトへ